CD・DVD・Blu-rayなど光ディスクの修復研磨、クリーニング、リペアは、よこはまディスククリーンサービスにおまかせください。

メディア再生工房

よこはまディスククリーンサービス

〒236-0042 神奈川県横浜市金沢区釜利谷東2-15-28H.Kビル402
京浜急行金沢文庫駅西口徒歩1分

 

定休日:水曜日

営業時間 11:00~20:00

何でもお気軽にご相談ください

045-784-8295

営業時間:11:00〜20:00

光ディスクの基礎知識

Blu-ray(ブルーレイ)編

Blu-ray(ブルーレイ)

Blu-ray(ブルーレイ)は、従来のDVD規格とは異なる新しい規格のディスクとなります。厚さこそ1.2mmDVDとは同じでもディスクの構造は大きく異なっています。

Blu-rayは、厚さ1.1mmの『基板』の上に記録層を作成し、その上から厚さ0.1mmのカバー層を被せた構造になっています。つまり、記録層がDVDよりもディスクの表面に近いため、ディスクの中を通過するレーザー光線が光学的な影響を受けにくく、安定した読み書きができます。

製品化にあたってはTDK社が開発したスーパーハードコート技術自体の規格が採用されたことにより現在のBlu-rayの製品化が可能になったといわれています。

スパーハードコートはCDDVDに比べて非常にキズが付きにくい構造になっていますがその強固なコート層にできるキズはCDDVDに比べて深いものが多いのもこの傷つきにくい構造の為です。また、その保護層の薄さから深いキズは再生不良になることが多く研磨処理で修復できない場合が多いのも、このBlu-ray(ブルーレイ)の構造と特徴の為です。